お問い合せ 富山データー機器サービス株式会社

応用設計施工事例

応用設計施工事例

ボルトによる耐震転倒防止

ボルトによる耐震転倒防止基幹業務情報をはじめ、各種設計開発情報や顧客情報、Web、メール等は企業の宝であり命でもあります。

そのような情報を蓄積している企業LANシステムにおけるサーバーは、企業にとって重要な役目を担っており、地震災害時の転倒防止のため床に固定し、サーバーの損壊を防止する必要があります。

特にフリーアクセス上に設置されている重要な情報通信機器については、転倒防止策を強く推奨いたします。

免震プレートによる転倒防止

一般的なボルト固定は、地震時の衝撃をサーバーに直接伝えてしまうため、サーバー内部のハードディスク損傷を引き起こしかねません。そのようなリスクを回避するためには、耐震対策と同時に免震対策が必要です。

重要かつ精密な情報通信装置を地震の衝撃から守るために、サーバー単位で実施可能な「免震プレート方式免震対策」を推奨致します。

最新の応用設計施工事例

ボルトによる耐震転倒防止
ボルトによる耐震転倒防止

富山データー機器サービス株式会社ではPDF形式ファイルをご覧いただくためにアドビシステムズ社AdobeReaderが必要です。
AdobeReader最新版ダウンロード

Get Adobe Reader

お問い合せはお気軽にどうぞ。

富山データー機器サービス株式会社
富山データー機器サービス株式会社 お問い合せ
Copyright (C) Toyama Data Equipment Service Ltd.All rights Reserved.